医者

指先の鋭い痛みの原因

巻き爪になるメカニズムは、深爪や外部からの圧迫などが原因とされています。爪が変形してしまい皮膚を傷つけるため、痛みや腫れなどを引き起こしてしまいます。どんどん悪化してしまうと、患部が炎症を起こして腫れてしまうだけでなく、膿んでしまう状態にまで陥ります。巻き爪によって引き起こされる症状には主に三種類あるとされ、一番ポピュラーな症状が足の親指先端に起きる鋭い痛みです。巻き爪は足の親指から生じてしまうことが多く、歩行するたびに自分の体重によって負荷がかかるため痛みを感じてしまいます。軽度症状のため自然に完治することもありますが、足に負担になるハイヒールや深爪などに気をつけておくことが大切です。炎症が起きて腫れてしまうと肉芽腫という症状に進行します。腫れることで皮膚と爪が接触するため、炎症を更に悪化させてしまうことになるのです。爪に横に皮膚は徐々にしこりのように盛り上がり、肉芽腫が形成されていくのです。化膿してしまうと激痛を伴い、歩行が困難になってしまいます。膿が皮膚下に溜まるため、黄色っぽい膿が出てきてしまうこともあります。

初期の段階では痛みは伴いますが比較的治りやすく、治療にも時間が掛かることはありません。薬などで患部の痛みや炎症を抑えることも可能です。しかし、肉芽腫や化膿にまで症状が進行してしまうと自力での回復は難しいでしょう。そのため、專門のクリニックで治療を行なう必要があります。東京には巻き爪を治療する專門クリニックや皮膚科が多く点在しています。近年では東京などの大都市を中心として若年層で巻き爪になる人が増加しているのです。ハイヒールや革靴など、オシャレやビジネススタイルとして愛用している人が多いことも要因として考えられます。東京には腕の良い医師が多く集まっているため、適切な治療を行なってくれます。高度な技術が医療には求められますが、東京では都心部やオフィス街、住宅地など、場所を問わずに多くの優良クリニックで受診できるのです。